FXを行う人は、リスクの可能性を覚悟しましょう。

FXの付き合い方

contents

トップページ FXと為替レート FX取引と通貨 FXのメリット FXのリスク FXと税金 取引業者 損切り 利益確定

FXのリスク

基本的に、リスクが0(ゼロ)の投資はありません。勝率100%なんて、FXを続けていくなら、無理です。しかし、だからと言ってFX比較などを怠ることは賢明ではありません。

リスク

リスクと一口に言っても色々ありますが、起こり得るリスクが分かればある程度の対策を行うことはできます。これがリスク管理とも言えます。大抵の人は、リスクがあると聞けば、二の足を踏むのですが、基本的に投資ではリスクが付き物です。勝率100%とかいうサイトもたまに見かけますが、1回やっただけで儲かったら、勝率100%にもなりますし、ロスカットしなければ、最後には儲かるでしょう。つまり、勝率100%というのは、ハッキリ言って「騙し」に近いという場合が多いそうです。競馬の予想ならこういった勝率100%というものは存在しませんが、あくまでもFXにおいては可能性から限りなくリスクを低くすることも可能です。

インターネット

基本的に、FXはオンライン取引となり、インターネット回線で行いますが、インターネットの障害や、通信機器の故障などにより、取引が正常に行えないというリスクもあり得ます。また、操作ミスなどによる、初歩的なミスなどによってもリスクが生じるケースもありますし、ウイルスの侵入や、クラッカーなどによる不正アクセスなどもあり得ます。特に、こういった技術に対する警戒の意識は少ないですから、起こった後で、後悔するケースも少なくありません。

ウィルス対策ソフト(ワクチンソフト)を入れているだけで、安心と考えている人もいるかもしれませんが、そのソフトを更新しているでしょうか?また、更新していても新種のウィルスでは、対応できない場合が多いので、絶対安心といった、ウィルス対策ソフトはありません。

レバレッジ

レバレッジは、少ない証拠金でも、それを超えて投資することができます。取引金額が大きくなるため、利益も高くなりますが、もちろん損益も多くなることが多いです。例えば、1ドル=100円の時に、10万円の証拠金で、100倍のレバレッジを利かせて取引した場合、10万円の100倍ですから、1000万円分の取引ができます。そうなると、1ドルは100円ですから、10万ドルとなります。

その後、1ドル=100円が1ドル=99円となった変動した場合、10万×99=990万円となり、990万−1000万=−10万円となります。つまり、証拠金を全て失ってしまいました。そうなると、マージンコールにより、強制的に決済が行われると、証拠金0という結果だけになります。証拠金が0ですから、取引するには、お金が必要になります。

FX取引業者

FXでは、基本的に最初に取引業者に、顧客の証拠金を信託保全 し、信託銀行に預けているお金を(証拠金として)入金します。つまり、最初にFX取引業者にお金を預けることになるのですが、そのFX取引業者がお金を持ち逃げしたり、昨今の不況のために、経営破綻、倒産となったら大変です。現在は、FXが多くなってきたので、法規制も増えてきて、悪徳業者も減ってきているのですが、やはり、まだ完全ではありません。また、悪徳業者でなくとも、倒産の不安はあります。そのため、FX取引業者の信用度が大事になります。FXランキングのサイトなども増えています。FX業者を選ぶ際にはFXランキングから情報収集を行い、自分に合った業者を選ぶといいでしょう。ランキングサイトを活用してください。

最近では、業者もいますので、そういった業者を選ぶようにしましょう。それだと、仮にFX取引業者が倒産しても、顧客の証拠金はちゃんと戻ってきます。


ページトップ


リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありません。
アダルトサイト、マルチ商法関系などからのリンクは禁止します。
リンク先でトラブル、損失、損害も一切の責任を負いかねます。