FXする上で、為替レートは避けて通れません。

FXの付き合い方

contents

トップページ FXと為替レート FX取引と通貨 FXのメリット FXのリスク FXと税金 取引業者 損切り 利益確定

FXと為替レート

基本的にFXを行う上で、為替レート、特に円安・円高は避けて通ることはできませんので、しっかり理解しましょう。

円高と円安

円高や円安の意味は知っていると思いますが、念のために再確認しましょう。円高とは「外国通貨との相場で、円の価値が高いこと」を言います。逆に、円安とは「外国通貨との相場で、円の価値が安いこと」を言います。FXを行う上では、必ず必要となる情報なので、各国との為替レートはしっかり確認しておくことが重要となります。為替レート自体は、毎日ずっと上がったり下がったりしますので、欠かさずチェックしておきましょう。

円高と円安の概念は、中学生の公民の授業でも行うことになると思いますが、ここでも、勉強していきましょう。例えば、昨日まで1ドル=\100だったのに、今日見てみると、1ドル=\110になっていました。これは円高でしょうか?円安でしょうか?これは円安になるのです。逆に、今日見てみると、1ドル=\90に下がっていたら、円高となります。ここで混乱する方も多いでしょう。

考え方

これは、どちらかの通貨を何かに例えると分かりやすいです。例えば、今回は\100をアイスに例えてみましょうか。ある日、あなたはアイスを買いに行きました。その日は、1ドル=\200の為替レートでした。そこで、アイスを買おうとして、1ドルを出しました。すると、アイスが2つ買えました。しかし、次の日は1ドル=\100の為替レートとなっていましたので、1本しか変えなくなってしまいました。

さて、1ドル=\200のときと、1ドル=\100のとき、どちらの方がアイスを安く買えましたか?言うまでも無いでしょうが、1ドル=\200のときでした。そのアイスは、100円を例えた物です。もう理解できたでしょう。1ドル=\200の時と、1ドル=\100の時では、1ドル=\200の方が円安となるのです。この説明でもイマイチ理解できないようでしたら、1ドル=\○○の○○が高くなれば円安、低くなれば円高と覚えてください。

管理人も未だに円高か円安かで、自信なくなることもありますので、上手な説明はできなかったかもしれませんが、今までの中で一番の説明になったと思います。このことは、絶対覚えておくべきことでもあります。間違った覚え方をすると、大きな損益を出してしまうこともありますので、覚えることができないようでしたら、FXを行うのは止めてください。

得になるのは?

得になるのは、考え方としては、上記の円高や円安と同じです。例えば、円からドルに換える時、1ドルを買うときに、いくら必要かを考えてみましょう。1ドル=\100だったら、1ドルで100円必要になり、1ドル=\200だったら、1ドルで200円が必要になります。もちろん前者の方が得となります。逆に、円を買うときは、後者の方が特になります。つまり、「ドルを買うなら円高、円を買うなら円安で買う」、これが得にするための方法です。

注目サイト

テレビ朝日

エクステリア用品の販売

2014/10/29 更新


ページトップ


リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありません。
アダルトサイト、マルチ商法関系などからのリンクは禁止します。
リンク先でトラブル、損失、損害も一切の責任を負いかねます。