損切りについてお教えします。

FXの付き合い方

contents

トップページ FXと為替レート FX取引と通貨 FXのメリット FXのリスク FXと税金 取引業者 損切り 利益確定

損切り

確実に儲けることは不可能でも、それに近づけることは不可能ではありません。テクニックと決断力次第です。

損切りとは?

まず、損切りの意味をお教えしましょう。損切りとは、FX取引で大ヤケドをしないために大事な方法です。損切りは損益を確定させることですので、あまりしたくないことですが、大ヤケドしないため(これ以上の損益を抑えるため)に行うことなのです。しかし、FX初心者にとって見れば、損切りが嫌で粘ることが多い傾向にあるそうです。これは当然かも知れません。FX初心者というのは、FXを始めたばっかりの方を指し、始めたきっかけは「儲ける事ができる」と思ったからです。

それなのに、損益を出すなんて嫌に決まっています。それに、今後上がるかもしれないと思う方も多いでしょう。その通りで、損切りをするという事は、今後の上がる可能性を捨てて、損益を確定させること、つまり、可能性を切り捨てることになります。しかし、FXを行っている以上は常に勝つのは不可能で、時には撤退することも必要で、それがたまたま今回来たと思うべきだと思ってください。そのまま粘って、ズルズル下がっていく可能性があるからです。

FXを止めてしまう理由としては、大ヤケドをしてしまったという事が多いと思います。ヤケドも軽い物なら短い期間で直りますが、大ヤケドとなるとそれを直すには長い期間が必要になります。損切りの場合は、そのラインを自分で決めておくことをオススメします。つまり「○○円負けたら損切り」とルールを決めておくといいでしょう。その方法が、損切りのタイミングを決めやすいと思います。これは、預けた額のどれくらいで選んでみてはどうでしょうか?

当然ですが、預け額がなくなってしまえば、お金を入金しない限り、次のFXには移行できませんので、預け額をいくらか残しておく事が大事になります。それと、一度、損切りラインを決めたら、それを変えるような事は絶対しないで下さい。それを行えば、そのまま粘って、ズルズル下がっていくというパターンに陥りやすいとされています。覚えておいてください。「○○円負けたら損切り」とルールは「絶対」です。

今回のFXはスパッと切り捨てて、次のFXに気持ちを切り替えましょう。確かに、テンションは下がってしまうでしょうが、気持ちを切り替えるテクニックも身に着けましょう。散歩したり、ゲームしたりして、一度、FXのことは忘れてしまうといいと思います。これは、FXを続けていく上で大事なテクニックと言えるはずです。続けていけばいつかは、何度かは損益を出すこともあるのです。

チャートを見る事ができれば、これからが上がるはず、下がるはずという見極めがある程度できるのですが、絶対ではないですし、初心者では難しいとも言えるでしょうから、今回は話しませんが、ある程度なれてきたと思ったり、今すぐ知りたいといった場合は、調べてみてください。

ちなみに、今回の損益をヤケドと表現したのは理由があります。FXは儲ける可能性があるから人を惹きつけますが、行う場合には損益も覚悟しなくてはなりせん。それと同じく、火は昔から人を惹きつけますが、近くによるならヤケドの覚悟をしなければならないからです。どうでもいいでしょうが、これが「損益」を「ヤケド」と表現したのは理由です。

recommend

2014/10/29 更新


ページトップ


リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありません。
アダルトサイト、マルチ商法関系などからのリンクは禁止します。
リンク先でトラブル、損失、損害も一切の責任を負いかねます。